meaningful_Memo

ミニメモログ-meaningful_Memo’s blog-

買ったもの・役に立つものなどレビューや商品情報・お得情報について発信していきます。

レビュー|RP-PC144 小型デバイスの充電にピッタリ!30W出力で2ポート搭載の充電器はめちゃくちゃ使えるやつだった。【RAVPower】

どうも たついち(@4YIns)です。

 

f:id:meaningful_Memo:20210410142213j:plain

 

数々の充電器を販売しているRAVPower。

今回は、使い勝手の良い充電器を入手しましたのでこの記事でご紹介します!

 

この記事はこんな方にオススメ!

●小型で30W出力の充電器を探している。

●Galaxyを所有している方、PPS対応充電器に興味がある方。

 

なかなか聞き慣れないPPS対応の充電器

30W出力だと僕が所持しているPCへの充電は厳しいんだけど、ホテルで使うことが多いからベッドサイドでスマホやイヤホン、その他小型デバイスを充電するのに丁度いい感じ!

 

この記事のポイント!

●RP-PC144は、PPSとQCの両対応

●持ち運びしやすいコンパクトさ

●2ポート搭載は小型デバイスの充電に最適!

 

 

「もう少し出力が高いものが良い」「1ポートで十分」とお考えの方、コンパクトはそのままながら高出力な充電器もあります!

当ブログでも取り上げていますのでよかったらご覧いただきご参考ください!

 

 

   

RAVPower RP-PC144 レビュー

それでは、本機のスペックや外観・デザインについてレビューを行っていきます。

あくまで僕の使用環境での話ではありますが、実際に使用してみて感じた良い点・悪い点も述べていきたいと思います。

 

RP-PC144 スペック

以下は「RP-PC144」のスペックです。

 

スペック

●製品名 RP-PC144

●合計最大出力 30W

●充電規格(USB-A) Quick Charge 3.0

●充電規格(USB-C) PD 3.0

●出力(USB-A) 5V=3A/9V=2A/12V=1.5A

●出力(USB-C) 5V=3A/9V=2A/9V=2.22A/9V=2.77A/15V=2A/3.3V-11V=3A(PPS)

●サイズ 48mm×48mm×28mm

●重量 80g

 

注意
PD規格違反があります。購入は許容できる方のみをオススメします。

 

RP-PC144 開封レビュー

f:id:meaningful_Memo:20210410152131j:plain

パッケージはこんな感じです。

 

シンプルなパッケージで特に商品説明表記もありません。

 

RP-PC144 パッケージ内容

f:id:meaningful_Memo:20210410152528j:plain

内容物もいたってシンプル。

 

パッケージ内容
●取扱説明書
 

パッケージ内容は「RP-PC144」本体と取扱説明書、おなじみのサンキューカード。

30W 2-Port Wall Chargerとも記載があるが、こちらが品名だろうか。 

 

注意
ケーブルは付属していません

 

本製品には充電用のケーブルは付属しておりません。

iPhone8以降の機種であれば、「USB-C to Lightningケーブル」を使用すると急速充電の恩恵を受けることができます。

 

せっかく導入するのであれば、急速充電の恩恵を受けられるようにセットで準備することをオススメします。

 

 

 

RP-PC144 本体外観/デザイン

f:id:meaningful_Memo:20210410154446j:plain

 

カラーは「ブラック」のみ。サラサラでマットな質感の外観は傷も目立たず指紋も全然付かないデザインです。

 

f:id:meaningful_Memo:20210410155515j:plain

 

底面には仕様や技適マークが記載。

PSEマークもしっかり表示されていました。

 

f:id:meaningful_Memo:20210410154942j:plain

 

インターフェース部分は、下記の通り

 

●LEDインジケーター

●USB-Cポート

●USB-Aポート

 

f:id:meaningful_Memo:20210410155234j:plain

 

通電すると点灯するLEDインジケーター付なのは地味にありがたいところ。 

 

最大出力は30Wとなっており、MacbookAirや、スマホなどの小型デバイスへの充電にはピッタリ。

 

f:id:meaningful_Memo:20210410155334j:plain

 

プラグは折りたたみ式で、少し突起しているためプラグの出し入れがしやすいのもポイント。

 

RP-PC144 重量

f:id:meaningful_Memo:20210410155441j:plain

 

公表されている重量より若干重たかった。

小型な充電器ではあるものの重量はそこそこ。GaN搭載ではないようなのでコスト削減ができるものの、軽量化は難しいのでしょう。

 

RP-PC144 サイズ感

f:id:meaningful_Memo:20210410160049j:plain

Apple純正の「10W」出力充電器と並べてみました。

ほぼ変わらないサイズ感でありながら2ポート搭載+急速充電が可能なわけですからどうせなら「RP-PC144」を利用したいですよね。

 

f:id:meaningful_Memo:20210410160301j:plain

サイズはぼちぼちコンパクトです。

 

サイズ:48mm×48mm×28mm

 

ちなみに同社RAVPowerの「RP-PC112」(61W出力+1ポート)を並べてみました。

f:id:meaningful_Memo:20210410160824j:plain

出力、ポート数のち外はありますが、「RP-PC144」は小型なサイズで2ポート搭載されています。

 

「USB-C」ポートは《PD 3.0》《PPS》に対応していて「USB-A」ポートは独自の《iSmart》を搭載しており《Quick Charge 3.0》や《Apple 2.4A》に対応。

 

ロゴもプリントじゃなくなってる!

 

RP-PC144 使用感

ここでは、使用感について書いていきます。

先にまとめておきますので参考にしてください。

 

使用感まとめ

Good:持ち運びやすいコンパクトさ

Good:小型デバイスの充電にピッタリ

Good:便利な2ポート搭載

Good:PD3.0(PPS)対応

Bad:独自出力規格が存在している

 

Good:持ち運びやすいコンパクトさ

f:id:meaningful_Memo:20210410161434j:plain

約5cm四方のコンパクトなサイズと30mmを切る厚みは持ち運びには不憫はありません。

簡単に持ち運べるサイズで2ポート搭載の急速充電器なので、使い勝手は抜群!

 

GaN搭載機種との記載はどこを探しても見当たらないのでよくあるSiなのでしょう。

とはいってもこれだけコンパクトで手にしやすい価格というなら良しじゃなかろうか。

 

Good:小型デバイスの充電にピッタリ

「RP-PC144」は小型デバイスの充電にピッタリだと僕は感じます。

 

 

出力について

●合計最大出力 30W

●USB-A最大出力 18W

●USB-C最大出力 30W

 

f:id:meaningful_Memo:20210410165924j:plain

 

僕が所有しているスマホiPhoneです。「USB-A」ポートでは「Apple2.4A」に対応しているうえ、「USB-C」ポートではPD規格で充電が可能

 

また、Andoroidでは急速充電規格としてQuick Chargeを採用していることが多くあります。そのうえGalaxy端末ではPPSにも対応

 

・・・とくればこの「RP-PC144」はQC3.0、PPSのどちらにも対応しているのでストレスなく充電が可能となります。

 

QCの採用端末はスマホだけでなく、他にも対応しているデバイスは多い為この充電器ひとつで意外にもなんでも対応してくれるってわけですね。

 

Good:便利な2ポート搭載

f:id:meaningful_Memo:20210410165220j:plain

  

小型デバイス類は就寝時にまとめて挿して充電することが多い為、ポートは多い方が便利が良いですよね。

 

RAVPowerや他メーカーからももっと高出力な充電器がありますが小型デバイスを充電するにはオーバースペックすぎるし、ポート数が増えると充電器の大きさ・重さが増えてしまいます。

 

・・・と考えると「RP-PC144」はちょうど良い充電器と言えるでしょう。

 

Good:PD3.0(PPS)対応

「RP-PC144」はPPSに対応しています。

 

memo
PPS(Programmable Power Supply)は、USB PD 3.0のオプションとして用意される高速充電規格です。

 

PPSでは、小刻みに電圧や電流を状況に応じて変えて流すことで変化させます。

スマホ側で充電器から供給される電力を最適なものになるようにコントロールし、熱の発生などの形で捨てられるエネルギーを最小限に抑え、高速に充電することができるものとなっています。

 

Bad:独自出力規格が存在している

f:id:meaningful_Memo:20210410171733j:plain

 

USB-Cポートから、QC3.0など独自急速充電規格が検知されるところはマイナスです。

PD規格違反ですから賛否あるかと思います。

 

確かにそれで充電しているデバイスに悪影響が出てしまうことは無いのですが不安に感じるのであれば買わないことです

 

 

RAVPower RP-PC144 レビューまとめ

使い勝手の良い30W出力充電器「RP-PC144」をレビューしました。

 

簡単にまとめるとこんな感じ

●PPSに対応した充電器

●2ポート搭載30W出力

●PD規格違反

 

 

規格違反の部分が許容できるのであれば、使い勝手自体は良かったというのが正直な感想です。

スマホを充電するうえでは様々な急速充電規格を網羅していそうなのでスマホ用充電+イヤホンなどの小型充電用の充電器として使用するのが良さそうです。

 

比較的手にしやすい価格で販売されているので気になる方はチェックしてみてください!

 

 

 

 

 

meaningful_memo's blog - にほんブログ村

ブログ村ランキング参加中! 


 

 

 ▼関連記事